犬に留守番(子供やペットに留守番させる場合には、何かと心配ですよね)を上手くさせるには、まず日頃からあまりにもベッタリと一緒にいすぎないことです。 生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)の中では適度な距離感を保ち、犬が一人ぼっちになってもストレスを感じないような状況を作っておきます。 犬に留守番をさせるなら、サークルの中にいる練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)をさせることから始めます。 広い所に置き去りにされるよりも、自分の居場所がある方が犬も安心するからです。 最初は、お気に入りのおもちゃやおやつを使って、サークルの中に誘導するようにして、扉は開けておきます。 そして、少しでも中にいられたら褒めてあげましょう。 犬が自分からサークルに入れるようになれね扉を閉めて、最初は短い時間から慣れさせるようにし、だんだん慣れてきたら時間を長くします。 そして、サークル(活動の規模や頻度は、その集団によってまちまちでしょう)の中に大人しくいることができたら、外にだしてうんと褒めてあげましょう。 ただし、外に出すのと同時に褒めてしまうと、外に出ることがいい事だと犬が勘違いしてしまいますので、褒めるタイミングを間違えないように気をつける必要があるはずですー